Loading...
 

手動 アクティブトラック


手動 アクティブトラック

手動のアクティブトラック

DJI Tello 手動アクティブトラック


DJI Telloにはアクティブトラック機能がないのですが、手動でやっています。

最初に完成動画

Dji Ryze Tello Active track passing through obstacles!!2 - YouTube
https://www.youtube.com/watch?v=zm4uKryyE
AJ Alvarez
2018/05/02 に公開


Dji Ryze Tello Active track passing through obstacles Remake walk-through!!???? - YouTube
https://www.youtube.com/watch?v=uRH638je2f4
AJ Alvarez
2018/05/02 に公開


よく考えてますね。
思ったほど手間はかからない。
動画でEditする前提なのでこれで充分。

このような、細かいところ/木の間とかだと、障害物センサーもSkydioくらいの機能がないとだめなので
これの方がこまわり効く。


U199クラスで必要なのは
安定ホバリング OPフローは
GPSの自動トラック機能 (U199でもGPSはもう普通にある)
Non GPSの単純な 前後左右のトラック機能(ダンスモードと言っているやつ)
これを組み合わせて
その他、周り一周移す機能など手持ちの機能
この動画だと Telloの360度フリップも使うとか言ってたけど、使ってた?かな

その他、これ見て感じだのは
アクティブトラック的な画像は
1人ではなくもう1人の撮影者=操縦者がやれば出来る。

まあ、その動作を全自動化したのがアクティブトラック機能だけど
アクティブトラックは

  • 全自動の意味
  • 自動制御での細かいコントロールが可能
    • (手動の操縦だと普通に物を追うのもカメラ写すくらいの動作でも結構大変)


ドローンレーサーFPVならこのような木の間なども出来るよな。

Page last modified on Wednesday May 16, 2018 10:11:20 JST