Loading...
 

JASRAC

HQ

一般社団法人日本音楽著作権協会 JASRAC
http://www.jasrac.or.jp/

使用料規程の変更(第1節演奏等「10音楽教室における演奏等」の新設および「4 カラオケ施設における演奏等」の一部変更)に関するお知らせ
http://www.jasrac.or.jp/news/17/170607_1.html
2017年6月7日

プレスリリース - 日本音楽著作権協会(JASRAC)
http://www.jasrac.or.jp/release/17/06_1.html
2017年6月13日
BGMを利用する美容室などの店舗に対して全国一斉に法的措置

プレスリリース - 日本音楽著作権協会(JASRAC)
http://www.jasrac.or.jp/release/17/02_2.html
2017年2月20日
著作権侵害を継続していた社交飲食店経営者に
懲役2年(執行猶予4年)の有罪判決

使用料規程の変更(第1節演奏等「10音楽教室における演奏等」の新設および「4 カラオケ施設における演奏等」の一部変更)に関するお知らせ
http://www.jasrac.or.jp/news/17/170607_1.html
2017年6月 7日

楽器教室における演奏等の管理開始について
http://www.jasrac.or.jp/news/17/0227.html
2017年2月27日

音楽をつかう方 JASRAC
http://www.jasrac.or.jp/info/index.html

お手続きが不要となる場合
http://www.jasrac.or.jp/info/event/bepro.html

音楽教室での著作権料徴収開始


2018年4月1日から楽器教室における演奏等の許諾手続を開始することになりました
http://www.jasrac.or.jp/news/18/0326_01.html
2018年3月28日

著作権等管理事業法に基づく裁定について | 文化庁
http://www.bunka.go.jp/koho_hodo_oshirase/hodohappyo/1402106.html
平成30年3月7日
保留を行わないとの裁定

音楽文化の発展か衰退か JASRACが音楽教室での著作権料徴収開始 (1/3) - ITmedia NEWS
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1804/16/news056.html
2018年04月16日
大人の音楽教室の場合、既存曲/ヒット曲でないとだめでしょ。

音楽文化の発展か衰退かの議論ありますが、音楽以外もあり。

大手の場合は
大人の音楽教室などの音楽以外に既存の場所を利用して

  • 子供のリトミック、教育系(これはもともとある)
  • 英会話
  • コンピュータ教室/スマホ教室


など、いろいろやらないといけない現状。

JASRAC、音楽教室から著作権料徴収 4月1日分から - ITmedia NEWS
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1803/08/news117.html
2018年03月08日

News

180308

文化庁 JASRACの徴収開始を認める裁定 - 毎日新聞

https://mainichi.jp/articles/20180308/k00/00m/040/091000c
2018年3月7日

音楽教室「大変残念」「不正義許さないように」JASRACの徴収容認答申を受け声明 - 弁護士ドットコム
https://www.bengo4.com/internet/n_7526/
2018年03月06日

JASRACの徴収「保留せず」答申に、音楽教室側は「大変残念」 行政指導求める - ITmedia NEWS
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1803/06/news085.html
2018年03月06日

JASRAC関連
カラオケの時と同様に、段階を経て実際の徴収開始になると思われます。
ネットではJASRAC非難が中心です。JASRACの是非はいろいろあるけど、音楽教室の状況と音楽ビジネの状況も併せての批判が少ないのが残念。

資料

日本の音楽に自由を!「元JASRAC」作曲家・穂口雄右が語る、著作権問題とその元凶|WIRED.jp
https://wired.jp/2012/11/26/interview-copyright/
2012.11.26

カラオケ音源を用いて歌唱している様子を自分で撮影し、その動画をYouTubeへアップロードした行為の訴訟。2016年12月、「レコード製作者(通信カラオケ機器メーカー)の送信可能化権(著作権法第九十六条の二)を侵害している」という判決。

(平成28年(ワ)第34083号著作隣接権侵害差止等請求事件
http://www.courts.go.jp/app/files/hanrei_jp/410/086410_hanrei.pdf

カラオケ音源は既存媒体でCDと同じ扱いですが、記憶媒体からの削除の部分があります。。アカウント削除してもサーバーから消えたか証明する必要がある? LOCALから完全削除など。

https://asia.nikkei.com/magazine/20170824/Business/Music-schools-tussle-with-Japan-s-copyright-manager-on-fees
August 24, 2017

排他的な著作権モデルの紛争が続き、外国の経験は学習に値する(翻訳タイトル)

http://tech.caijing.com.cn/20170904/4326635.shtml
2017/09/04
Google 翻訳
https://translate.google.co.jp/translate?hl=ja&sl=auto&tl=ja&u=http%3A%2F%2Ftech.caijing.com.cn%2F20170904%2F4326635.shtml

Page last modified on Friday April 20, 2018 01:01:06 JST