Blogは呼び名は別にするとして、

  • Blogブログ
  • Article(ニュース)
  • Page(wiki page)


の違いを説明します。

まず、DBのTableが別です。Table構造はそれぞれ。

Blogブログ、Article(ニュース)はほぼ同じ。
元々Nuke系、WPなども含めて現在のCMSの最初はArticleのみでした。
その名残りでArticleにはHead部分があります。見出しと本文。
Blogにはありません。
Wiki Syntaxはほぼ使えます。よくある、BlogでのPage内のtocなども。

PageはNuke系でいうhtml page。他のCMSでもPageという呼び名が多いです。
Wikiはあくまで記述する文法です。
Wiki記述ですが、実際にはHTMLも入るしまあ通常のHTML Editorで出来ることは全部出来ます。さらにWikiのPluginで殆どの事が出来ます。

PageとBlogブログ、Article(ニュース)の違いは(tikiの場合)

  • Pageにはナビゲーションがある。Blog、Articleはなし。
  • PageにはVersion管理がある。他の一般的なwiki MediaWikiTypo3も同じです。Version管理、Diff表示など。


ポケット1つタイプレスCMSがベストです。
検索が1つになるので、最新から表示(タイプはなんでも最新)
Googleの通常検索のような形です。

これが、Page、Article, Blogと分かれると、検索結果は別表示になります。
WikiでArticleでの最新リスト表示もPluginで出来るので、本来ならArticle, Blogを使う意味はありません。しかし、昔の名残りと、DB Tableが別ならではの管理のしやすさから残っているのが現状です。実際に tiki HQのサイトはPageがメインです。
使うとすれば、

  • Blogはメイン内容とは別に個人の発信Blog。
  • articleはニュースという事でプレスリリースなどを表示する

という感じですかね。これもWiki pageで簡単に出来ます。

これがPage、Article, Blogの違い。
さらに、Forumがあり、コンテンツを入れて、何か表示するという面では他の表示もあります。MiniChatなども使い方ではニュースTicker的に表示できますし、外からのRSSではなく、サイト内でのRSS feedもできます。(これをPageでPlugin表示する)

更に、カテゴリー、トラッカーがあります。

トラッカーはgithub, SFのトラッカーのようなもの。まあワークフローですね。
tikiはVersion1.xの頃からワークフローをサポートしててNuke系としては凄いなと感じてました。トラッカーでオンラインショップも出来るし、まあ、ショップ=ECも単独機能として内蔵されています。

カテゴリーは外です。DBのTableに対してではなく、オブジェクトに対してです。
なので、あるオブジェクト、画像、動画、Pageがカテゴリー"XXXXX"に入っている
という状態。

さらに、テーマで部分的に固定で変更できるので

テーマは全体で1つで、現在は自由に設定できるようになっています。Change Themeで
テーマを変えると見栄えが変わります。

テーマは現在Login出来ないような設定にしていますが、User infoに設定されて、loginすると、記憶されて次回からはその設定で表示されます。現在はanonなのでクッキーbaseなのでブラウザー終了するまでテーマは保持されます。

このように1つのCMSで、Webサイト、各自のBlog、コミュニティFroumなどを見栄えを変えて1つで管理する事が出来ます。

Tiki自体エンタープライズCMSで、相当のキャパシティがありますので、同一サイト内でも、まったく違うサイトに見えます。

DogFoodなのでBlog Articleも使って説明する必要があり、使い始めました。
Pageのみでこれだけできるといっても、比較になる単体のblogがないと分かりづらいので。